小児歯科

小児歯科Child

「健康なお口」という財産をお子さまへ

「健康なお口」という財産をお子さまへ

乳歯はいずれ永久歯に生え変わるため、虫歯になっても大丈夫と思われがちです。けれども、乳歯の虫歯を放置すると、永久歯の発育に悪影響を及ぼすことがあるため要注意です。お子さまがいつまでも健康なお口でいるためには、乳歯の時こそ重要なのです。そんな子どもの歯の特徴について親御さまがしっかり理解し、適切に対処していくことが大切です。

乳歯は虫歯になりやすく進行も早い

乳歯は虫歯になりやすく進行も早い

乳歯は永久歯よりも未成熟であり、虫歯菌が産生する酸に溶かされやすいです。また、エナメル質も象牙質も永久歯の半分の厚みしかないことから、虫歯の進行も早くなっており、すぐ下に控えている永久歯にも悪影響を及ぼしやすくなっているのです。

早期発見・早期治療が重要

次に生えてくる永久歯への悪影響を最小限に抑えるには、乳歯の虫歯の早期発見・早期治療が鉄則となります。定期検診の受診を習慣化して、お口の異常の早期発見・早期治療に努めましょう。お子さまのお口の管理には、親御さまの協力が不可欠です。

小児歯科の虫歯予防

小児歯科では、主に以下の3つの方法で虫歯を予防します。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

    歯の再石灰化を促し、歯質を強化してくれるフッ素を活用した予防法です。高濃度のフッ素が配合されたジェルを歯面に塗布します。
  • シーラント

    シーラント

    子どもの奥歯は、噛む部分に複雑な形態の溝が存在しており、汚れがたまりやすくなっています。そんな奥歯の溝をプラスチック樹脂で埋める処置がシーラントです。歯の表面が滑沢になり、磨き残しが減少します。
  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    歯磨きの専門家である歯科衛生士が、お一人おひとりに最適といえるブラッシング法をご提案します。生活習慣についてのアドバイスも行っております。

当院の治療の進め方

当院の治療の進め方

歯医者さんはお口の中を治療するところであり、大人であっても不安に感じる点が多いものです。ましてや小さなお子さまともなると、そこで経験したことが原因で、歯医者さん嫌いになってしまうことも珍しくありません。

乳歯は虫歯になりやすく進行も早い

当院ではそんな歯医者さん嫌いのお子さまを作らないよう、さまざまな点に配慮しながら治療を進めてまいります。お子さまが泣いているのを無理に押さえつけて治療することは決してありませんのでご安心ください。

初めてのお子さまには、楽しくお話をするなどして、歯科医院の雰囲気に慣れてもらいます。治療に使用する器具を触ったり、治療の必要性などを理解したりすることで、心の準備を整えてもらいます。その上で、自らお口を開いてくれるようになったら初めて治療を開始します。

治療が無事終わったら、親御さまがお子さまを褒めてあげてください。それが成功体験となって、次回からも楽しく通院できるようになります。

子どもの矯正について

当院では、子どもの矯正にも対応しております。歯科医院には「子どもの矯正はいつから始めるべき?」という質問がよく寄せられますが、永久歯が生え始めたら一度、ご相談ください。一般的には6歳くらいからスタートするものですが、お子さまの発育状況によってそのタイミングは大きく異なります。とくに受け口などは早期の治療が必要となりやすいため要注意です。

当院の小児歯科の特徴

当院の小児歯科の特徴

キッズスペース

待ち時間を楽しく過ごしていただけるよう、キッズスペースを設けております。お子さまが大好きなおもちゃや絵本も用意しております。