根管治療

根管治療ENDODONTICS

根管治療とは?

根管治療とは?

根管治療は、歯の神経にまで感染が広がった虫歯に適応される処置です。虫歯菌に汚染された歯の内部をきれいにお掃除して、薬剤を充填します。かけがえのない天然歯を残すための重要な治療です。

根管治療の精度を高めるために

根管内はとても狭く、暗く、複雑な構造を呈しています。そのため処置を施すのが難しく、比較的成功率の低い歯科治療といえます。当院では、そんな根管治療の成功率を高めるために、以下のような取り組みを行っております。

  • 防湿対策

    防湿対策

    唾液などによって根管内が汚染されるのを防ぐために、ラバーダムやZOOという器具を使用します。
  • ニッケルチタンファイルの活用

    ニッケルチタンファイルの活用

    根管壁がファイルなどによって傷つけられると、再発リスクが上昇します。柔軟性の高いニッケルファイルを用いることで、根管を傷つけることなく、スムーズに汚れを取り除くことが可能となります。
  • 歯科用CTによる精密診断

    歯科用CTによる精密診断

    歯科用CTなら根管内を三次元的に描写することが可能です。複雑な根管構造を正確に把握できることから、根管治療の精度も格段に向上します。
  • マイクロスコープの活用

    マイクロスコープの活用

    肉眼の20倍まで視野を拡大できるマイクロスコープを活用しています。根管内を正確に把握できることから、細菌の取り残しを防げます。
  • 精度の高い被せ物を製作

    精度の高い被せ物を製作

    根管治療が完了したら、クラウンなどの被せ物を装着します。被せ物の精度を高めることで、歯質との適合性が向上し、虫歯の再発リスクを抑えることができます。

根管治療の流れ

  • STEP1
    感染根管処置
    汚染された根管内をファイルなどを用いて清掃します。
  • STEP2
    根管充填
    根管内の清掃が完了したら専用の薬剤を詰めて消毒、殺菌します。
  • STEP3
    支台築造
    被せ物の土台を作ります。
  • STEP4
    被せ物の装着
    土台の上にクラウンと呼ばれる被せ物を装着します。